カードゲーム、Gods Unchainedを語る_第一回目_イメージ画像

カードゲーム、Gods Unchainedを語る_第一回目

どうも墓場ネットです。いきなりですが、最近はカードゲームをやっています。Gods Unchained(以下GU)というもので、開発はオーストラリアのようです。2018年スタート(確か)、暗号通貨関係のゲームとしては比較的古いものではないでしょうか。

 

という訳で、今回はGU、およびカードゲームについて考えてみます。ただ、そこまで深く考えた訳ではなく、個人的な認識を多く含みます。間違えていた場合はご容赦を。訂正は別段に致しません。

 

カードゲームはいつの間にかDCGの時代へ

カードゲーム、Gods Unchainedを語る_第一回目_イメージ画像

(imaged by pixabay)

 

今までのカードゲームは、実際にカードを持ちより顔を突き合わせ、実物のカードを見せあってプレイするもの(TCG)でしたが、最近はスマホやPCを通じてオンライン(デジタル)で、より気軽にプレイすることができます。実際に物を所有する、というコレクション性からすると異なりますが、プレイする分には同じですね。ただ、サービスが終了してしまった場合は、手元に何も残らなくなってしまう可能性も高く、リスキーに考えてしまいます。しかし、その点ソシャゲ、オンラインゲームはだいたいそんな気もしますね。何もDCGに限ったことではありません。ただ、TCGとの違いは大きいかなと思います。

 

あと、個人的にはDCGの方が利便性は高いと思います。相手もすぐに見つかりますし、「〇〇で〇〇に攻撃」とかだったり、効果を読み上げたり、そういうのがないのは良い点だと思います。それからランダム性の処理なども、コンピュータ処理の方が適しています。何より不正の可能性がないのはいいことです。加えて、結局は勝った負けたの世界でもありますから、その辺でも、顔を付き合わせるよりもやりやすい利点があります。

 

同時にこれは民度にも関係があります。TCGなどのカードゲームはどうやら民度が低いという噂もあり、まあ、本音を言えば、その点で私も知らない人と対面してプレイしたいとは思わない、というのも事実ですね。淡々と画面上で処理してくれることのありがたみを感じています。とはいえ、DCGでも切断逃げや煽りなど、一定の不愉快がないこともないです。GUでも感情を表すエモート機能がありますが、私は開始して即OFFにしています。昔は紳士的な方にはお返事として返答していましたが、もうそれも面倒となりました。恒常的なOFF機能の実装か、それか完全に廃れることを期待します。

 

 

DCGとBCG、そしてIMX

さて、デジタルカードゲームとブロックチェーンゲームですが、これは相性がいいのではと思います。NFTとして所有できること、不正ができないことなど、利点が多いです。また、NFTとして気軽にトレード(GUでは主にイーサリアムを介して)できるのもいいですね。実際に使用してみて思ったより使えない、もしくは使わなくなったカードを気軽に他のカードに交換することが簡単に出来ます。

 

GUは特にImmutable X(以下IMX)というツール(?)を介して、NFTの確認から交換まで出来るので、この点は素晴らしいと思います。

 

入金(課金)手順など

以下、IMX入金などの具体的な方法ですが…

 

  • どこかでイーサリアムを購入し、メタマスクなどに入れます。
  • メタマスクからIMXに入れます(メタマスクでIMXにログイン的な認証後、IMX上でDeposit)。この時ガス代が掛かります(数百円~数千円。認証するまで送金操作はされませんので、ガス代の確認は気軽にできます、安い時を狙いましょう)。また、少し入金までタイムラグ(5分程度?)があります。やったことはないですが、見たらtokentroveでも入金は出来そうな感じですね。
  • カードのトレードはIMXではなく、tokentroveというIMXと連携した外部ツール(?)で行った方が楽です。関係性はわかりませんが全て同期されています。いずれにせよ、手数料として売買分の2%が引かれ、ガス代はありません。
  • IMXからのメタマスクへの出金(withdraw)は出金操作からかなり時間が掛かるので注意が必要です。入金時と同じ程度のガス代がかかります。出金操作のキャンセルは不可能ですが、あとから金額を増やして出金するなど、将来的なガス代の節約は可能のようです。私も現在、テスト出金の為の0.0001ETHぐらいがずっと出金待ちで残ってます。

 

カードのトレードが気軽にできるのはいいのですが、ごく稀に、購入したはずのものがゲーム上に反映(所有としては反映)されないこともあります。そういう時は面倒ですが売却し、同じものをまた購入したりすることも。悲しいですがこれの発生理由は分かりません。

 

 

GUの4か月プレイしてみての感想など

去年の12月に初プレイ、それから同月にちょっと課金(入金)し、今に至ります。カードパックセット「Divine Order」(以下DO)が発売から数か月、約一か月に一回、約15枚~30枚程度のカードがバフ・ナーフされていきました。中には一気に性能が変わったり、役割そのものが変わるものもあります。ここまで変わるものか、と思うほどです。

 

パックの変動に関しては、3月に「無課金」という表現が正しいかわかりませんが、ゲームをプレイすることで手に入れられる「Core」セットが大きくリニューアルされました。DOはバランシングがほぼ完了し、Coreも直近で大きな変更はなさそうな感じですので、4月上旬はある程度安定した流れです。そして4月中旬?、次のカードパック「Mortal Judgement」が出そうです。DOの発売日が昨年9月末のようなので、約半年後になりますね。

 

参考リンク(公式)

MORTAL JUDGEMENT BUYERS GUIDE

 

カード価値推移、人気デッキなど

カードのETH価値の推移としては、12月上旬から一気にカード価値が高騰し、1月末くらいからぐっと下がり、現在は最高値の半分~1/3くらいになってしまった印象です。なぜそうなったのか、ETHの下落、プレイヤーの増加、エアドロ増加期間(今もそこまで変わってないような?)などの影響かも知れませんが、まあ良く分かりません。

 

GOD(勢力的なもの)の人気として、2021年12月の始めたころはWAR(いわゆる赤アグロ系)が人気のようでしたが、いくつかのナーフで息をひそめ、新Coreセット後はMAGICが優勢(すぐにナーフされましたが)、3月後半からはLIGHTがメジャー筋です。ただ、MAGICは別の形(超アグロ)で勝率が凄かった時期もありますが、何かしらの対策が考えられたのか、何故か収まりつつある(?)ようです。ただ、正直な所、カードプールがまだ少ないこともあり、どのGODも上位(勝率のいいデッキ)をコピーしたマイナーチェンジデッキがまだ多い印象で、特に今のLIGHTとかほぼ中身似通ってます。Death anubian系とかRight olympian系とか、使う側からすると結構面白いのですが、残念ながらゴールド~ダイヤモンドでは戦ったことないんですよね。ゴールドランクあたりではdeathはほぼゾンビデッキなので、面倒な時は即終了したり。ただ、負けが続くとすぐランク落ちしてしまいますので、実験的なデッキは使いにくいというのはあります。

 

この点、過去何度かのバフ・ナーフを見て来て思うことは、各GODの勝率・使用率をバランスよくしたいという運営の努力が見えます。デッキ構成(アーキタイプ)なども考えると、それなりにジャンケン調になっているようにも見えます。これからも幅が広がっていくといいですね。

 

カード自体も、日本のソシャゲに慣れていると非常にリーズナブルに感じます。現在のレートで、DOのレジェンドカード(最上位レア)も800円~4000円程度ですし、レア、エピックも数百、数十円代です。また、高レアが必ずしも強い訳ではなく、上位デッキにも初期配布カードが入っていたりもします。ガチャという概念(カードパック開封)はありますが、正直な所、欲しいものは購入した方が断然早いですし、おそらく安上がりですので、出なかった~っと嘆く必要もそんなにありません。

 

現在の状況、他イベント、毎週末のランク戦など

強弱はありますが全GODで最低限のデッキは作れてるかなあという感じです。一時は週末はmythcスタートで頑張っていましたが、最近はかなり落ちたりして、たまにランク8まで普通に落ちていることも……。ただ、そういう気楽なプレイの方がストレスは少ない気もします。

 

イベントらしいイベントはそんなに開催されません。今は常設の週末ランク戦だけですが、これもまあ週末に25戦するだけではあります。最近は報酬があまり気にならなくなったとはいえ、それでも週末ランク戦時(最初の25戦)だけはどうしてもストレスが掛かりますね。25戦が終わった後は30勝目指してまた突き進むのですが、一種の解放感と共にプレイできる喜びがあります。

 

 

カードゲーム、Gods Unchainedを語る_第一回目~まとめ~

色々とバランスが叫ばれているGUですが、今後も更に運の要素が上がりそうです。運次第で、誰でもいわゆる重課金デッキにも勝てる可能性のあるゲームです。引きが悪くて、加えて相手がアグロだったら何も出来ませんからね。なお、似たジャンル(DCG、暗号通貨系)で日本製のクリスペというゲームもあるのですが、そちらは完全にpay to winの世界で、これは無課金ではどうあっても重課金には勝てません。個人的には必ずしもそうではないGUは性に合っています。また、戦った相手のデッキもすぐに見ることが出来るので、以前はよく研究して新しいカード購入の参考にしたものです。

 

さて今後ですが、私的に非常に気になるのがGODSのデイリー配布ですね。あとは新カードパックやら、スマホ対応やら、FORGE拡張やら、色々と期待できるところは多いです。そういう点で未だ発展途上とも言えますが、今後が楽しみです。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。当記事が何らかの参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク