HGUC_1/144_AMX-014_ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!_09

HGUC 1/144 ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!

発売日は2013年末、最初はユニコーンカラーでの発売でした。密かに待ち望んでいた方は、「えっ!」と喜び、反面、驚いたことでしょう。そしてシルヴァ・バレトと続き「まさか……」と肩を落としかけた所に、ZZカラーでの発売です! やはりこのカラーリング、人気があるんですよね。




 

私も色変えてZZ版にしようと思っていた矢先でしたので、素直に発売は嬉しく思い、発売後、あまり間を置くことなく購入しました。という訳で、完成から約六年の時が経とうとしていますが、キット、説明書を眺めながらレビューしていきたいと思います。

 

参考リンク

 

プロポーション

HGUC_1/144_AMX-014_ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!_01HGUC_1/144_AMX-014_ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!_02

大型のキットで、横幅は届かずとも、ジオと同程度の身長です。その上でスタイリッシュ、かつモールド、各種武装もたっぷりあります。かなり豪華なキットですね。

 

 

カラーリング・ディティールアップ

HGUC_1/144_AMX-014_ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!_03

本来は薄い緑ですが、全体的に濃いめにしています。また、本体メイン、本体サブ、武装類で三色の緑を使用しています。

 

ディティールアップとして細かい塗り分け、そしてメタル系パーツの使用をしています。あとは先端を尖らせたり、モノアイ基部追加、モノアイシールくらいです。

 

のっぺりした箇所もあるのですが、密度が全体的に高く、デカールなどで埋めれば情報量を増やすことが出来ます。

 

 

合わせ目処理が必要となる所

全体的に合わせ目がかなり少ないキットです。素晴らしいですね。容易に処理できるところはなく、挟み込みの方になりますが、その内の一か所はそう目立つ箇所ではないので、処置を考えるのは二か所ですね。

 

ただ、制作からかなり時間が経っており、細かい制作模様はほとんど忘れておりますので、見逃しがあるかも知れませんので、その点はご容赦下さい。

 

合わせ目処理が必要なところ(容易部分)

挟み込みなどなく、そのまま処理できる箇所です。

 

今回はありませんでした。

 

合わせ目処理が必要なところ(困難部分)

中にパーツを挟み込む(塗装済みの状態)などで、処理に一手間掛かるか、単純に困難な場所です。

 

ボディ(左右部_未処理)

肩の横のパーツが挟み込みになります。上段はすぐ近くにモールドがありますので、金色をアクセントに使用したのですが、合わせ目は目立ってしまいますね。HGUCの悩み所です。※画像、ミサイルポッドと共に最後にあります。

 

太もも部分(ラインデカールごまかし)

HGUC_1/144_AMX-014_ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!_04

グレイの部分で、中に関節パーツを挟み込みます。内側に出て来ますね。前後で少し色を変えて誤魔化したり、スジボリでディティール化したり、何かといじれそうな所ではありますが、今回はラインデカールでごまかしています。

 

ビームキャノン(未処理)

HGUC_1/144_AMX-014_ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!_05

ミサイルポッドの下部にちょっと合わせ目が出ますが、モナカではありませんので、そんなに気にならない箇所でもあります。

 

メガランチャー(ビームライフル)

HGUC_1/144_AMX-014_ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!_06

挟み込みの上でモナカです。しかも二段階(挟み込みして合わせ目処理したものを、さらに挟み込みして合わせ目処理)です。

 

一段階目は後ハメだったり、ちょっとパーツを切ったりで対応し、二段階目は、恐らくマスキングか、処理は緩いですが、どうにか対応した感じがあります……、完全に覚えていません。

 

 

塗装に関して

HGUC_1/144_AMX-014_ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!_07

バーニア部(中央が黒で周辺が黄色など)がシールだったり、塗り分けが必要だったりと、数も多いのでなかなか大変です。細かい部分塗装という意味では、数が多い方だと思います。

 

それから赤色のモールド(脚部の円になった所やアンクル所)は別パーツではないので、緑色で塗装したのち、筆の部分塗装で対応しています。下地が違いますので、発色が赤色パーツと比べると少し薄く見えます。

 

また、ミサイルハッチが本来はグレイですが、成型色が緑になっています(最後に画像あります)。

 

 

制作フロー

HGUC_1/144_AMX-014_ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!_09

  • パーツの切り出し
  • 紙ヤスリにてランナー処理、及び面積の広いパーツへのペーパー掛け
  • 接着剤による合わせ目処理(処理の容易な箇所)
  • 1mmメタルボール、ビーズを仕込む為の穴あけ(DAISOルーター使用)
  • 洗浄と乾燥
  • 一パーツごとに、持ち手を付けて、エアブラシにて水性ホビーカラーにて塗装(全パーツ二度塗り)
  • ガンダムマーカー(ブラック・グレイ・ブラウン使用)にてスミ入れ、ディティール出しの為に部分塗装
  • マークセッターを用いて、市販の水転写デカール貼付
  • エアブラシにてつや消しを塗布
  • 乾燥後、擦り合わせ(ねじって塗料を削ったり、塗料をデザインナイフで削り出したり)した後、組み立て、
  • メタルボール、ビーズの埋め込みなどのディティールアップ、ツインアイなどはシール
  • 完成!

 

 

作業への感想・所感

HGUC_1/144_AMX-014_ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!_08

ミサイル部分のハッチのフタ部分(グレイ部分)ですが、開いたら未塗装部分(持ち手にした箇所)が見えてしまいます。ミスとしてはこのくらいですね。見えない部分だと思い込んでしまいました。そういえば、ここってもともとは緑なんですね、要塗装箇所です。

 

あとはしっかり作ろうと思えば、かなり細かい所まで作りこむ必要がありますが、例えば合わせ目が大きく出てしまうという類のミスは少ないです。ある意味でMGのようで、一つ一つ足りない部分の塗装、ディティールを積み上げていくような感じです。それほど、キット構成は見事で作りやすいです。

 

 

HGUC_1/144_AMX-014_ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!~まとめ~

HGUC_1/144_AMX-014_ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!_11HGUC_1/144_AMX-014_ドーベン・ウルフ製作・塗装レビュー!_10

大きさも武装もかなり見栄えのするキットです。発売時期が遅れた為か、他のZZ系のHGUCキットと比べてもディティールが多く、作りやすいキットです。作業的にもボリュームはありますが、苦労を厭わないという方には非常におススメであります。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。当記事が何らかの参考になりましたら幸いです。

 

参考リンク(墓場ネット)

HGUC 1/144 AMX-009 ドライセン(ZZ版) 製作・塗装レビュー!