テレクラ潜入~大都会編_後編_イメージ画像

テレクラ潜入~大都会編_後編

前回、時間つぶしにふらっと立ち寄ったテレクラにて、なかなかの手ごたえを感じた墓場ネット。さて凝りもせずテレクラに期待を寄せて出かけます。ほんの僅かに見え隠れする男のロマン、果たしてそれは夢か幻、本当に存在するのか!? 待望の後編、いまここに!

 

参考リンク(墓場ネット)

 

調査二回目(ある日の祝日)

まさかの二回目です。要点だけ掻い摘んで…。

 

三時間コースの内訳

割り切り7割

のんびり・ロングは敬遠される模様。基本は一発勝負、という感じ。

ただのお話2割

やっぱりBBAが多い、40代以降は割り切りとかではなくて、お話が多い。30代以下(自称)はほぼすべてが割り切り。一番若いので28。

よく分からない1割

たまに割り切りでもお話を楽しむでもない、暇つぶしのようなものが掛かって来ることも。

 

電話は意外と鳴りました。10分に一回くらいの割合ではないでしょうか、途中、20分くらい何もない時間もあったり、長話もあったりしたのですが、感覚的にはそんな感じです。ただ、話していて面白いとか、そういうのはほとんどないです。やっぱりBBAの話は面白くないですし、あとはセミプロや軍人(テレクラが収入源の売女)との値段交渉がメインとなります。

 

参考リンク(テレクラジャーニー様)

テレクラ用語集

 

ちょっと思った話

テレクラは、やっぱり女の話はつまらないということを認識する最良のツールとなるかも知れません。結婚しようと思ったけど、結婚した後の会話、そして女というものが、年を取ったらどういう風になるのか、それを確かめてみたい! と、そういう思いを馳せてテレクラに出かけてみる、それも将来を見据えた一つの賢い行動なのかも知れません。

 

参考リンク(自サイト)

女の会話は苦痛、結婚にはそれに耐え続ける根気が必要

 

 

テレクラ潜入~二回目総評~

テレクラ潜入~大都会編_後編_イメージ画像

相場とかは一回目とあまり変わらず。長話もやっぱり40代後半のババアばっかり。声だけ聞いてると可愛いとか、会いたい~とか適当に言ってしまいますが、実際に会うと95%はやっぱり駄目でしょうね。

 

もっとも、もちろんこれは私の一意見です。あまり女性に関して否定的な目で見らず、とりあえず会えればいい、という方にとっては、なかなか便利なツールだと思います。しかしながら、やはり見た目がいい方や、本当の素人に出会う確率はかなり低いと見ていた方がいいでしょう。

 

そもそも、美人がテレクラをしますでしょうか? 心身ともに魅力的な人が、お金に困りますでしょうか? そう考えると、やはり風俗や広くキャバクラなどを含め、そこに見えるのは男の幻想ばかりです。売女がどれもこれも似たような風貌になるのは、やはり中身がなく外見だけを磨いているからでしょう。

 

ただ、店舗やネットを含めても、テレクラが一番、素人(経験薄、商売根性が薄い女性も含めて)女性との出会いの可能性があるかも、とは思います。期待を込めて、8%くらいですいではないでしょうか。ちなみに、出会い喫茶は2%くらいです。キラリなどのように、さすがにマジックミラーに並ぶのは、一般の方ではなかなか難しいでしょう。

 

そして大事なこと。ネット情報ですが、やはりテレクラにも業者やら、怪しい人たちはいるようですね。日本語がちょっと変だったり、相場が異様に安かったりすると危険です。

 

後者は結局、行為前や行為後に数万吹っ掛けられることもあるようですので、お気を付けてお遊び下さい。時にはホテル代を捨てて、トラブルを防ぐ意味でも行為前に逃げる勇気も必要です。

 

それから、前払いも出来れば避けたい物件です。よほどの信頼がない限り、いい結果にはなりません。プレイ中は机の上に置くなど、宙ぶらりんなままにしておき、終われば女性が受け取る、という形にするのが無難かもです。

 

 

熱くなりすぎるのは辞めましょう、お遊びの一つとして考えるのがスマートな楽しみ方です

出会い系(ネット・出会い喫茶含め)もテレクラもほぼ同じですね。割り切り女性も何割かは業者で、残りはほぼセミプロ・軍人だとすると、純粋な出会いはほぼ存在しないでしょう。

 

それを俺のものに懐柔するんだ、という方は根気強さと懐の深さが必要です。

 

一つだけ、念頭に置いて行動して頂きたいことがあります。

 

さて、なぜ彼女たちがお金が必要なのかというと、誰か他の男性をかこっていたり、遊んでいたり、普通に誰か別の異性と交際しているケースもあります。既に「誰かのもの」だという認識を持って掛かることも大事であり、それを自分の物にするのは、非常に困難だという認識は大事だと思います。

 

 

テレクラ潜入~大都会編_後編~まとめ~

実情を知りつつも、それでも素人女性がいる可能性はゼロではないと、そんなロマンを追い求める刀も含め、今日も様々な同志が戦いに赴きます。

 

今回の記事はそんな同志へのエールと注意喚起になります。ただ、よくよく考えて、素人がいないのなら、普通にヘルスとかソープとか行った方が結局は楽ですし安いですし、やっぱり安全とは言えそうです。

 

テレクラはちょっと上級者向けの遊び、そういう認識は正しいと思います。恐らくですが、実際にお会いしてみると、ほとんどが「微妙」なのではないかと思えてくる次第です。もっとも実際にお会いしたことはないですが、出会い喫茶などでの体験を踏まえての私見になります。デリヘルでもヘルスでも客が取れない・店とトラブルを起こす……など、そういう方の利用が多いのでは、という推測をするに至りました。実際は分かりません。

 

参考リンク(当サイト内)

出会いカフェ、アクアクラブに関する考察

 

男側が色々と妄想を膨らませても、結局は悲しい思いをするのではないでしょうか。テレクラを楽しめるのは、その中でも僅かな当たりを引けると自負する者たち。そういう精神的なタフさが必要になると思います。

 

今回、結果から言うと、二回目も、電話はそこそこ受けることが出来ました。もっと楽しみを求めるならば、ここで約束してテレクラの近くで合流、合意があればホテル、という流れでしょう。

 

費用に関し、別1~1.5というのは、都心ではなかなか安く感じます。ただ、相手は自称30代中頃。つまり、だいたいの確率で低レベルの40代が来ると想定しておいた方がいいでしょう。

 

ちょっとリーズナブルに、そして待ち合わせのドキドキを手軽に楽しみたい、という方だったらテレクラはなかなか奥深いかとも思います。

 

全盛期はもう20年以上も前ですか。そのころは非常に楽しかったようですね。しかし、今は割り切り以外での出会いはほぼ無いという風に思います。実際、割り切り7割、テレエッチ1割、見返り無しが良くて0.5割、その他不明、という内訳でした。

 

実際にお会いしてみる過程までやってみたかったのですが、どういう訳か、やや遠方から掛けて来る方が多いんですよね。まあ、その最寄のテレクラで相手にされなかった軍人たちが多いのでしょう。機会があれば、いつか時間を見てもっと深くまで潜入してみたいとは思います。時期によっては若い子と会えるかも知れませんね。正直、年増売女とのセックスより、非風俗系の若くて可愛い子を見ている方が、精神的な癒しは上だと思える今日この頃となって来ました。

 

以上、まだまだ初心者ではありますが、テレクラの魅力をちょっと垣間見た墓場ネットでした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

参考リンク(墓場ネット)
スポンサードリンク