技術発展はエロの為にある~VR編~_イメージ画像

技術発展はエロの為にある~VR編~

※当記事はアダルト要素を含みます

VR元年と呼ばれた2016年から早二年。私もとうとうVR革命の恩恵を得るまでに至りました。ええ、隠し立てはしません、アダルトです。

 

VRはまだまだ発展途上ではありますが、現時点でも通常のアダルト動画とは一線を画した魅力があります。今回は「技術発展はエロの為にある~VR編~」と銘打ち、自分なりの導入コストや実際の使用法などを記載しました。

 

 

意外と低予算で行えるVR革命~VR視聴に必要なもの~

手軽にアダルトVRを見るのに必要なものは以下のものです。

スマホ

色々と細かい条件はありますが、概ね、アンドロイドは50.以上、iphoneは5以降のものになるのでしょうか(IOSは分かりません)。OSが古いとVR用のアプリがDL出来ません。

 

それから、あまり詳しくは分かりませんが、ジャイロスコープ機能(傾きを検知するもの)が必要になると思います。これがなくても、立体映像を見ることは出来るますが、しかしそれはただの立体映像です。上下左右、首を傾けると違う風景が見えるという、本来のVR映像とは異なったものになるでしょう。

 

ゴーグル

技術発展はエロの為にある~VR編~_イメージ画像

千円ほどの簡易的な段ボールのものから、三千円ほどの固定用のバンドが付いたものなどがまずは無難でしょう。

 

私はAmazonにて下記のゴーグルを購入しました。私は視力がかなり悪いのですが、それでもそれっぽく見ることが出来ます。ただ、逆に視力1.0以上などの方は、もしかすると見えにくいのでは、とも思います。

 

近視側で使用幅が広いということは、逆の方は焦点距離が合わず、見えにくい可能性が高いです。

 

参考リンク(amazon)

3D VRゴーグル イヤホン付き Mansso 2018年改良版

 

そして、オキュラスゴーというのもありますね。三万を超える高額なものですが、こちらはメガネを装着したままで使えるようです。充電が必要というので、無線機能、それからモニターなどが付いているのでしょうか。金銭的に余裕が出来れば、いつの日にかチャレンジしたいと思います。

 

参考リンク(amazon)

Oculus Go オキュラス

 

視聴用アプリ

アダルト系の大手VR動画配信サイトは、FANZA(元DMM)AVVRTSUTAYA オンラインなどがありますが、それぞれのページからインストールできるようになっています。

 

VR用の動画

意外とサンプルというものは落ちていません。諦めて購入した方がいいかと思います。通常のアダルトものとすると、やはり高額です。目安として、15分のもので300~500円とかですね。もちろん色々なものがありますが、そのくらいの出費は見ておいた方がいいでしょう。

 

視聴にはストリーミングとダウンロードの二通りがあります。DLしたファイルの容量は、15分の高画質で2GBほどと大容量です。ストリーミングで見るとしても、やはり通信量は膨大となるでしょう。使用環境に合わせて選びましょう。

 

ちなみに私はダウンロード式をメインに使うことにしました。理由は後述致します。

 

 

AVVRについて

さて、いくつかのサイトを見比べてみましたが、どこをメインで使うかは、結局は好みの問題になるかと思います。ただ、私は検索性・動画の探しやすさ、数、そして動画容量が記載されていることなどから、まずはAVVRを選択しました。

 

今回の記載内容は主にAVVRでのお話だとお思い頂ければ幸いです。

 

参考リンク(AVVR)

AVVRトップ

 

 

AVVRの視聴手順

※ちょっと面倒ですが、視聴以外の操作はすべてPCで行っています。

 

入金はクレジットカードか、それかBitCashが手軽でしょう。BitCashは初めて購入してみたのですが楽ですね。WebMoneyと比べ、日本語入力(あいうえお式)なので、入力がしやすいですし、コインで削ったりという面倒もないです。

 

さて、好きな動画を選択し、購入します。それから動画をダウンロードするのですが、ダウンロードアプリ(?)のようなものを先にDLする必要があります。ZIPとEXE式がありますが、それをDLするとショートカットが作成されます。

 

その状態で動画をDLすると、フォルダが新しく作られて、その中に動画が入ります。

 

その後、DLした動画をmicroSDに移動します。フォルダなどは作らず、そのまま第一層に入れても、以後、問題なく再生できました。スマホのVR用のアプリですぐに認識してくれます。

 

 

ちょっとした注意

僕はスマホに入れたmicroSDに対し、PCからケーブルを通じて送りましたが、最初、どうやってもPCがUSB接続を認識してくれず、非常に焦りました。

 

本当に今更の話ですが、ケーブルには二種類あるみたいですね。充電専用ケーブルと、充電+データ通信用です。データ通信用でないと、MTPモード(スマホと接続して、PC上にmicroSDの項目が出る状態)にできません。

 

また、スマホにロックなどが掛かっていると、その場合も認識されないようですね。色々と勉強になりました。

 

正直、microSDリーダー(USBタイプ)とかでやる方が楽だとも思います。

 

追記

更なる注意

(以下内容、AVVRのよくある質問より抜粋です)

AVVRのコンテンツを購入した後、権限無しというダイアログが表示されるのは

1. PCからダウンロードしたアカウントとアプリでもログインアカウントが異なる場合にそのような現象が起きてしまいます。
2. PCからコンテンツをダウンロードした後、ファイルの名を変更した後、スマートフォン、iPhoneに転送した場合。
3. PCでのコンテンツダウンロードが100%されてない状態で、スマートフォン、iPhoneに転送した場合。
4.月額サービスの場合、コンテンツ利用期間が終了すると、権限無しと表示されることがございます。

 

要点

DLしたコンテンツはアルファベットですので先々分かりにくなると思いまして、DL→タイトル変更→スマホ(microSD)へ移動、の順で移動すると、「この動画は購入後に視聴することができます」という類のメッセージが出て、視聴できなくなります。なお、その後、DL時のタイトルに変更し直しても無駄でした。

よって、この場合は再びDLしなおす必要があります。また、スマホ側に移動した後に動画名を変更すればいいのか、ということは現時点では分かりかねます。内容を読む限りでは大丈夫のような気がしますが、どうでしょう。

DL時のファイル名をタイトルにすることはできなかったのか…。動画数が増えてくると、けっこう判断がつかなくなって来そうです。

 

 

通信の量と速度に関する問題

DLするとして、一番手っ取り早いのは、もちろんWi-fiでそのままスマホに取り込むことです。

 

ただ、その手を使えない人もいます。通信制限のあるプロバイダを使用している人などですね。他にも速度が遅かったり、色々なケースがあるのではないかと思います。

 

私は以前の記事(ご紹介しましたが、今はNext Mobileの20GBプランを使用していますので、15分の動画に2GBなど使うのも怖いのです。また、恐らくですがそんなに通信も早くないと思います。それらの事情からwi-fiでのDLに気が引けていました。

 

参考リンク(自サイト)

データ通信の容量と料金について考える(私事)

 

Netx Mobileについて(余談)

余談ですが、自分の記事を検索する際、「Next Mobile 墓場ネット」で検索すると、当方ツイートが二件のサイト様に取り上げられていました。光栄であります。

 

ここでちょっと使用した感触を追記しておきます。

 

Next Mobileの通信環境には現在、何の不満もありません。ただ、10/26~通信料が18.5GB(NextMobileの通信量確認サイトにて確認)に達したあたりで通信制限に掛かったように遅くなりましたが、10/31の23時頃になぜか速度が元に戻りました。

 

もっとも、こちらの測定時期の設定が曖昧なので、始期が異なっているのかも知れません。個人的にも今月は使い過ぎたとは思っておりますので、その辺は仕方ないです。

 

通信制限時の速度はかなり遅いように感じます。かつてのdocomo契約時、mineo契約時における速度制限時よりも遅いように感じます。yahooメールが開けない、ログアウトが出来ないとかそういう感じでした。ただ、個人差などいろいろあるかとは思います。

 

アダルト要素のあるページで記載することではありませんね。まあ、ちょうど適当なタイミングがありましたので、この場を借りて……。

 

 

奥の手~ネットカフェを利用するという手~

VRは見たいが、自宅の通信量や速度が不安。しかし高画質で見なければもったいない(容量の妥協はできない)という我が儘。ううむ、なかなか難しい問題でした。

 

という訳で、私はネカフェを利用しました。とある日に、5000円分のBit Cashカードを握りしめてネットカフェに突入。AVVRサイトにてポイントを購入し(ネカフェでクレジットカードを使用するのは些か不安でしたが、こっちだと楽ですね)、そのまま可能な限りDLして来ました。3000円分くらいですね。あとはもうちょい値下がりして買います。

 

今回のDLの容量は全部で25GB足らずですが、二時間ほど、ずっと通信(DL)していましたね。それから落としたものをmicroSDにコピーしましたが、コピーはDLに比べると1/5くらいの時間で終わりました。

 

ネカフェ料金が3時間で1000円程度。漫画も読めますし、なかなかいいコスパです。

 

 

いざ視聴してみて感じたこと

リモコンは必要ない?

各種アプリにより違いがあると思いますが、AVVRのアプリに関しては、リモコンは不要だと思いました。リモコンは廉価ゴーグルにも付いており、BlueToothで接続します。

 

スマホ用のマウスのようにして使うこともできるのではないかと思い、やってみると使えました。ジョイスティック(グリグリ)なのでマウスのように細かい操作はしにくいかも知れませんが、しかし、例えば手をポケットの中で操作できる、というのは何かに使えるかも知れません。使いこなせばちょっとかっこいいです、多分。

 

考えられた、ゴーグル装着時の便利な操作

AVVRのアプリでリモコンが要らないと記述したのは、操作方法にあります。

 

視聴中(ゴーグルをはめて、スマホはもう前面の蓋を開けないと触れない状態)、頭を左右に振ると動画が停止して、各種調整する画面に入ります。そこから視点を変えて(傾きによる検知)それぞれの場所でステイすることで、音量なら音量、明るさなら明るさなどを色々変えることができます。動画の変更もここから可能(先送りなども)です。

 

リモコンはいらないが、イヤホン類は欲しい

他に欲しいものとして、やはりBlueTooth用のイヤホンなども欲しいですね。ゴーグル次第だと思いますが、端子が邪魔して上手くイヤホンと共用しにくいものもあります。充電用のケーブルなどは隙間からひょっこり出せますが、イヤホンの差込口は思ったより太いです。

 

 

広がる妄想

VR技術はさらに広がりを感じさせます。声が左右で異なって聞こえるバイノーマルが更に効果的に働くのはもちろん、これからさらにフェチ向けに特化して成長していくでしょう。

 

もしかすると、動画と完全に連動した電動オナホ(望遠鏡みたいなもので、保温機能に締め付けなどもあったり)や、それからダッチワイフのようなものを使って、それをどう触るかによって、視聴者がプレイに参加するというもの(一部は実用されているという記事も何かで見ました)など、夢が広がりますね。やはりエロは永遠のテーマであり、人類の進化の源なのであります。

 

 

VRを見る上での注意事項

没入感が凄い時がありますので、その場合は本当にリアルを忘れます。まあ、あれですね。誰かに見られたらと考えると、非常に恐ろしいです。

 

 

VR動画の現時点での課題

まだ補正が幾らか不十分なのでしょうか、全体的に、通常の動画よりも女の子のルックスレベルが心なしか落ちている気がします。また、奥行きがあるので、化粧で隠せばどうにかなる平面とは違い、骨格が隠せません。この辺はこれから上方修正されていくことを望みます。

 

あとはやはり質感というか、肌の細かい色(明るさを上げるとちょっと変になるような)などですね。

 

 

技術発展はエロの為にある~VR編~まとめ~

VR専用とするスマホを中古で一万弱で購入し(普段使いのよりも数倍高性能)、32G程度のmicroSDにVRゴーグル、それから通信用ケーブル、そして動画(ひとまず5000円分)、あとはイヤホン(予定)まで含め、約二万前後でここまで来れた計算です。

 

以後のコストとして、購入動画が次第に増えるでしょう。それからmicroSDなどの容量の方もまだ必要になりそうですが、それらを差し引いても得られるものの方が多いと、個人的には思います。通信容量や速度に不安がなければ、見放題とかの方がコスパがいいかも知れませんね。

 

俗に言う風俗の本番をメインとせず、もっとフェチな部分への趣向が強い方などは、風俗などは切り替え、もしくは併用して、VRの導入を検討されるのもいいのではと思います。

 

今回の記事が何かの参考になりましたら幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。