東京らしい風俗について考える(出会い喫茶など)_イメージ画像

東京らしい風俗について考える(出会い喫茶など)

※当記事はアダルト内容を含みます

人がいれば出会いがあり、そして男女の出会いの先には風俗があります。風俗はのめり込まなければ楽しい遊びだと思います。そう、決してのめり込んではいけません。本気になってはいけません、お金は大切に使いましょう。

 

さて、以前、風俗に関する記事を記載しましたが、あれは全て地方での話です。地方と東京(他、超都心部)ではかなり事情が変わって来るようですので、まずはその点を記載していこうかと思います。

 

今回は都心部ならでは(地方でもありますが)のスポットを、人生経験の1ページとして経験し、記載してみようかと思います。中には二度といかないという所もありますので、この体験を忘れない内に書き留めておきたいところでもあります。

 

参考リンク(自サイト)

飲み屋に行ったり、風俗に行ったりしよう!~その壱~

 

東京に来て単純に感じた風俗事情

まずは全体的に高いです。キャバクラやラウンジも高ければ、ヘルスにソープも高いです。ラブホそのものも高いです。レンタルルームというものもありますが、レンタルルームの値段=地方のラブホみたいな感じです。人件費に土地代、やはり料金が高くなるのは仕方ないですね。

 

しかし、どういう訳かピンサロは全体的に安いです。地方では安くて30分6000円程度でしょうか。それが東京では30分3000円レベルが結構ありますし、何と回転もするようです。レベルはどうしても落ちてしまうかも知れませんが、中にはそうでない所もあります。

 

ですので、ストライクゾーンが広いなど、そういう方は安定して楽しめるかと思います。ただ、激安店は、事務的でお話もできないような仏頂面のデブが多いような情報をお見受けします。これはこれで、地方ではあまり見ないタイプです。地方のそういう枠の人は最低限、愛嬌があったように思いますから。

 

 

色々探して感じたこと

今回、調査と銘打って色々と調べてみたりもしましたが、やはり私のようなものが最後に戻るのは激安ピンサロ、セクキャバのようです。金を掛ければ満足できるものでもないですし、まあ全ては遊びの範疇ですから。

 

一昔前は、風俗や飲み屋の女性のルックスは、一般女性と比べて確かに高かったように思いますが、今はそんなことはないですね。一般職でルックスも良くて仕事もできて性格もよくて根性もあって、それでいて気遣いも出来てお金も常識の範疇で楽しめて、話も面白くて話題も豊富で、マナーもあって親や友人にも紹介出来る。そういう人が街中にいます。

 

能力からすると当然ですが、風俗嬢は多くの点でそれらに確実に劣ります。「何でこんな子が風俗に」は滅多にありません。ごく稀に、OLあがり・学生あがりの嬢にあたりますが、その嬢がすぐに辞職した時になって始めてその言葉は使いましょう。

 

風俗、夜の仕事は誰でも出来ます。素ブス厚化粧がゴロゴロいます。一度でも分不相応な金額を手にしてしまえば、よほど精神的に強い人でない限り、のちのち辛いだけでしょう。

 

こういう記事を書いていて書くことではないですが、やはり水商売には足を踏み入れない方がいいでしょう。色々な感覚を壊しますし、その為に長く苦しむこともあるかも知れません。

 

 

東京らしい風俗について

ここから各種の簡単なまとめと考察に入ります。

ピンサロ考察

東京のピンサロ=地方のヘルスみたいな位置づけです。料金的にも似通った所があります。地方のピンサロは酒を飲みながら(ドリンクサービスあり)、という所も結構あったかのように思いますが、東京はそんなにないのかなと思います。

 

その点で両者は似通っており、地方でちょっと抜くには激安ヘルス、東京ではピンサロと考えれば感覚的には似ています。

 

競争の激しい地域では徒歩十分圏内に5~10店舗程が存在する地域もあります。料金もリーズナブルで、40分3000円とかもあります。しかし、ごくまれにまともな嬢が出てくることもあり、なかなか楽しんで開拓することが出来ました。まあ、店名通りに地雷の店もありましたが。

 

参考リンク(大塚ピンサロ店舗)

あっ痛たた

 

出会い喫茶(上野モモカフェ系)

私が行ったのは逆ナン店と呼ばれるところで、男性は二時間で1万2千円くらいだったように思います(入会料金などなど)。そこから女の子のドリンクだったり、色々掛かって行きます。

 

さて、ネットで検索しても出て来ますが、ここは純粋な出会いの場所ではなく、割り切りの場所だったり、そして女性は給料で雇われているところです。

 

ですので、まあ個室キャバクラ~風俗のようなものだと考えることもできます。女の子は店の指示でどのルームへ行くように指示されているようですので、女の子が来ないことはないと思います。

 

さて、室内では何をするのかというと、女性を至近距離に置いた楽しいお話…ではなく、一万五千円~でエッチ、五千円~で手コキなどなど、そういう最終目的ありきでお話をしてくことが比較的多いです(五人中四人)。外出というシステムは恐らく機能していないでしょう。誰も彼も外出はしたことがないし、絶対にしないというスタンスでした。

 

ここで怖いのは、私が地方で見て来た、60分一万円とかのソープでも外れだと見なすような女性が、臆することなくそのような交渉をしてくることです。もちろん時間などありませんから、男は射精すれば終了です。5分でも10分でもそれで女性は去っていくでしょう。えってなります。軽くモラルというか価値観を壊されます。地方出身者にとっては「東京怖い」ってなるかと思います。

 

ただ、ごくごく稀にですが普通の女性だったり、稀にですが雇われでも話だけでも面白い子がいますので、そこに夢を賭すのもアリです。私は二度と行きません。厚化粧でそう見えたのか、顔がでかい人が多かったです。

 

出会い喫茶(キラリ系)

こちらは一つの店舗に入店すれば、同一日は他の店舗(通常のマジックミラー店や逆ナン店も)も行けますので、四店舗ほど回りました。費用は三千円(入会金はネットにて千円でした)ですので、お得と言えばお得です。

 

さて、ただこちらもモモカフェと同じようで、ほとんどが割り切り(外出2千円必要で、ホテル代五千円~必要で、エッチ代二万~)でした。4人ほどとお話ししましたが、どれもそんな感じです。例によって外ればかり(一人、逆ナン店の方でそこそこまともな子がいました。地方ヘルス30分6000千円だと当たりレベルです)で、それがそういう値段を吹っ掛けてくるのですから怖いです。

 

ただ、こちらは女性を雇っていませんし、普通に外出デートなどが出来る方もいるのではないかと思います。そういう意味ではまだロマンがありますね。ただ、可能性はかなり低いのではないでしょうか。

 

しかしながら、お金があって、本当に好きなタイプの女性と遊びたいという場合は、色々巡ってみるのも楽しいかと思います。この考えは先のモモカフェでも言えますね。マジックミラーシステムの楽しさかも知れません。

 

とはいえ、まあ、女性のレベルはやはり微妙な感じでした。慣れ、スレ、事務的、そんなイメージが強そうな女性が多々おりました。

 

女性を見る為だけに利用する可能性はあります。二千円ですので、夏場など、薄着の女性を見るという目的でしたら十分に面白いのではないでしょうか。寒い時期でもミニスカの子などはパンツも見えます。それだけです。

 

のち、時間をかけて回った際に書き上げた記事があります。参考までに。

 

参考リンク(自サイト)

とある日の出会い喫茶キラリの調査報告

 

ハプニングバー

地方にもあるということですが、やはり数は都心部の方が多いでしょう。東京は軽く調べても10以上はあります。どこも入会金があって、そしてまたそれぞれの日に入店料が掛かるようです。

 

あとは日によって、そして店によってバラバラです。私はかなり運の悪い日にあたり、結局経験するどころか面白いものを見ることすら出来ませんでした。まあ料金的に痛い所ではなかったので、いつか再訪して、壮観な眺めを楽しんでみたいと思います。ただ、しばらくは行かなくても大丈夫そうです。

 

どういう所でどういうことが行われ、どういうことが起こりうるのか。それを見れただけでも、調査欲というか興味心は幾分、満足することが出来ました。

 

参考リンク(まべnavi 様)

東京都内のハプニングバー・カップル喫茶

 

 

東京らしい風俗について考える(出会い喫茶など)~まとめ~

以上、東京らしい(?)風俗を巡ってみた感想です。東京は店の数が多い、料金が高い、女性のレベルはピンキリ(どこもそうですが、どちらかと言えば下の方が多いかも。絶対数的に言えば、人の数が多くなればそうなります)で、ボッタクリもありうる。夜のお店巡りはお金がないと厳しいですね。コスパを求めるのならお勧めしません。

 

地方の箱ヘルがピンサロになり、ラブホがレンタルルームになり、一概には言えませんが同じお金を使うにも、全てがランクダウンしたような感じです。仕方ないとは思いますし、文句を言える立場でもなし、そういう筋合いでもありません。

 

それでも楽しみたい、コスパが欲しいと思われる方に、一つ提案があるとすれば、お金を貯めて、平日とかに休みを取って、飛行機で地方へ飛んでそこで宿泊予定で楽しむのはどうかと思う時もあります。抜き所を回ったり、いろんな店を比較的安全に回ってみたいなどという考えがあれば、その方がいいのではないかとも思います。私はそういうタイプですので、取り敢えず東京ではお金を使わないでおこうと思いました次第です。

 

運もタイミングも大きく関わるのでしょうが、東京らしい風俗事情の調査結果でした。ご参考になれば幸いです。