そうだ、夜の飲み屋に行ったり、風俗に行ったりしよう! ~飲み屋編その弐~_イメージ画像

飲み屋に行ったり、風俗に行ったりしよう!~その弐~

当記事はアダルト要素を含みます

ガールズバーとキャバクラ・ラウンジについて書いた「その壱」に続き、「その弐」になります。当記事ではスナック、フィリピンパブ、セクキャバ、ピンサロについて記載しています。ただ、あくまで私の経験と独断に基づいた内容ですので、あくまでご参考まで。

 

参考リンク(自サイト)

 

各分野と個人的感想

いかがわしいお店というのは非常に種類が多いように見えて、大分類事態はそんなに多くありません。一つ一つ、社会勉強として楽しんでみましょう。

 

昼キャバ

朝、及び昼のキャバクラ・ラウンジです。料金は安いようで、あまり変わらなかったり、そうではないかも知れません。よくよく調べてみましょう。怪しい雰囲気は下がる一方で、嬢の質は上がるように思います。他の仕事をやりながら、この日はちょっとアルバイトというような嬢が多いのかも知れません。

 

そういう方は常識もあり、話すだけで癒されます。まれに凄いのがいるような夜間営業と比べてハズレ率が下がるということですね。また、店側からの指名ノルマや客の呼び込みノルマ、髪や化粧の決まりなどが緩いという所もあるようです。

 

スナック

キャバクラよりも怪しくない感じはしますが、料金が個人的に怪しい気がしますので、3番目にしました。実は私自身、あんまり行ったことがないのです。キャバクラとスナックが合体したような60分4000円とかでカウンター越しの接客、という形の店を何件か訪れたくらいです。

 

こちらはギラギラせず、ボトルをキープして、それをまったり飲んで楽しむのが一番の楽しみ方なのかも知れませんね。カラオケなどもありますし、客同士でスナックを通じて顔見知りになるなど、色々と楽しいことがあるようですが、残念ながら私は未体験です。

 

若い女性がアルバイトなどで入ることがありますが、友達のようなフランクな関係から始まりそうですね。店内はあんまりそのような雰囲気でなく、落ち着いた酒飲み処というのが、あくまで私なりに感じたイメージです。

 

いつかお金と時間が出来て、安らぎを得たいと思うようになったら行ってみたいですが、私にとってはまだまだ先になりそうです。

 

フィリピンパブ

フィリピンの女の子とお酒が飲める所です。だいたいはキャバクラ・ラウンジと同じように横に付いてくれます。ドリンク代は別の店が多です。私が一時期通っていた店は指名料金もなく、一時間3500円ほどで延長も同料金と、意外と割安のお店でした。ただ、これはデフレの頃ですし、今はもうそのお店はありません。

 

遊び方として、なかなか奥が深いです。単に飲みに行くというだけではなく、一つの文化として、色々と踏み込んでみるのも一興です。タレントさんとかアルバイトとか、ビザがどうとか、タガログ語とか英語がどうとか、このあたりを調べていくと奥の深さがうかがい知れる……かも知れません。

 

さて、これも店によると思いますが、私がかつて行っていた時は、色々と触って触られ(せ)ていました。まさにセクキャバの一歩手前ですね。ドリンクは時折出していましたが、気にならないような良い思い出です。しかし、それを抜いてもフィリピンバーではスキンシップが多いように言われています。手を握ったり、そういうのでしたらラウンジなんかよりもかなりハードルは低いと思います。

 

ただ、キャバクラ・ラウンジと比べ、話が盛り上がらないことも多々あります。この辺りは本当に運だと思いますし、仕方のない事かも知れません。また、意識が低い(客商売という意味で)方も、ラウンジなんかと比べると多いですし、国に旦那がいるというのも多いです。

 

また、お店の飲み物にビールがない店が多いように思います。女の子のドリンクは平均して800円ほどです。カラオケがある店が多いですが、一曲300円とか掛かります。前に私が見たのは、お金を入れたらDAMやJoyなどの機械が動いて操作できる、そういう仕組みのようでした。

 

ドリンク・カラオケは結構ねだられますので、状況によって対応しましょう。できるだけ安く楽しむには、ボトルを入れるのもいいかも知れません。ボトルなしが60分4000円としたら、ボトルありで90分4000円(同料金)などになるところもあります。こういう意味でもやはり行き付けを作り、細く長く楽しむ、ちょっと大人な遊びだと思う今日この頃です。

 

参考リンク(フィリピンパブでできること 様)

フィリピンパブの注意点…お店でできること、どこまで大丈夫?一人での楽しみ方(遊び方)、楽しいけど気をつけることは?

 

セクキャバ

セクシーキャバクラ、お触りパブ、ランジェリーパブなど様々な呼び名があります。店によりスタンスもかなり異なりますが、キスと上のお触りがOKの店、というのが大まかな括りです。稀に女の子からの下半身タッチはOKとか、パンツの上から普通に触ってくれるお店もあります。こちらからは基本NGです。

 

一般には30分3000円や40分4500円など、10分1000円単位が平均だと思います。それ以上の所はやめておきましょう。私もそれなりに店舗数を回った方だと思いますが、セクキャバの満足は値段では計れません。

 

料金は時間で変動します。午後八時から九時までは40分4000、九時から十時までは40分5500円、十時からは6500円という風です。この変化は店ごとですが、早い時間が安いのはどこも共通です。出勤している女の子も時間帯で大きく異なることもありませんので、早い時間に行き、ラウンジ・キャバクラとは違って、なるべく梯子はやめてまっすぐに帰り、別の日に別の店を開拓しましょう。

 

女の子のレベルはやや落ちる傾向にあります。特にぽっちゃりやデブが普通に出て来るだけの店とかもあります。かつては、不景気なのか、はたまた肥満率が低かったのかは知りませんが、このようなことはなかったんですけどね。風俗は不景気になると、生活の苦しい可愛い子が入ってきて、レベルの低い嬢はガッツリ削られるからだと思います。

 

女の子のドリンク代がフリーの店と、一杯いくらと掛かる店があります。選べるなら、フリーの方に行きましょう。というのも、ドリンクを出してくれたら○○していいと言われた場合、酔っていると出してしまいやすいのです。そんな小さなサービスを受けるよりも、そのお金を別の、よりよりサービスをするお店の開拓に使いましょう。

 

地域性がありますが、追加なしで下も触れる(こっそりですが)ところもありますし、指名欲しさにOKを出す子もいます。まずは各店を数多く回り、フリーでそういう女の子に当たってから、以後のことを考えてみましょう。

 

キャバクラとは異なり、本当にいい子だったら、指名延長はそんなに損ではありません。オススメはフリーで入って、気に入った女性がいたら延長しましょう。たとえば、夜十時以降は6000円だが、指名(延長)入店は早い時間でも6000円という状況があるとします。今が夜十時だったら……と考えると、コスパ的にも変わらないでしょう。

 

例えば、夜八時に1stセットで40分4000円、もしそのまま別の店に行ったら九時台で40分5000円で計9000円。一方、1stセットで40分4000円、指名延長で40分6000円で計10000円(指名によるそれなりのサービスあり)という感じです。

 

ただ、延長には危険もあります。他の女の子がヘルプとなりますので、フリー時より全体的にサービスの質が悪くなる可能性もあります。また、他の客と指名が被ると、その分放置される時間(女の子がつかないでチビチビお酒を飲む時間)が増える可能性もあります。

 

人気嬢の指名には気をつけてください。40分のうち、指名嬢との時間が10分・放置10分・ヘルプ10分・放置5分・指名嬢5分などというのもザラです。

 

さて、一般に指名延長するとどうなるか、というと、結構サービスが良くなります。女の子によってはかなり良くなります。この辺りは数を当たってみるのが一番です。ただし、見定めるのは一人に付き一度でいいでしょう、あんまり変わらないなと思ったら、きっぱり止めて、別の女の子を指名してみましょう。

 

色々な子がいます。極論ですが、やはり抜いてくれる子を探すのが一番いいですね。色々とその後が大変な荒業ですが。個人的には一度の指名延長で、手・口内や本番(ゴム)などなど、それぞれを経験したこともあります。失うものはズボンを洗う時間くらいですね。

 

ピンサロ

ピンクサロンの略で、薄暗い飲み屋の中で女の子が上半身裸になって(パンツまで脱ぐのはあんまり無いかも)、こっちも裸になって、基本は口・手で抜いてくれる店です。

 

費用は遅い時間だと高くなることもありますが、だいたい40分7000円ほどでしょうか。昼間にやっている店はもうちょっと安い可能性もあります。また、20分5000円とかもあります。

 

女の子のレベルは飲み屋に比べると更に落ちますが、不思議とセクキャバよりデブ率は下がるように思います。ただ、年齢は上がります。バケモノ率も上がります。お見送り時、すっきりした状況・かつ明るい所で見ると「俺はあの暗闇でこんなものを抱きしめていたのか……」と思うこともしばしばです。

 

ピンサロというと病気が心配ですね。よく聞きます。気をつけましょう。確かに不衛生な感じはあります。できれば帰ってすぐに風呂に入りましょう。

 

どうしても安く抜きたいという時に使う分にはいいかも知れませんが、そうでなければ翌朝に安いヘルスに行く方が絶対にいいです。ネットで情報を仕入れ、いい情報が全くないのなら行くのは諦めた方がいいかも知れません。飲みながら抜けるのはいいですが、しかし、実際はそんなに飲んだりはしませんよね……。

 

手は5000円、口は7000円などと分かれている場合もありますし、こちらからのタッチは禁止という、はあ?という店や嬢もいます。また、発射したらそれで終了(仮に30分で入っても10分で退店させられるかも……)という強気な店もあります。こういう体系ですので、タケノコ剥ぎ(2000円くれたらこういうサービス、5000円くれたらこういうサービスが付くというものを嬢から説明されるが、料金を払っても変わらず、更に次を要求されるようなもの)には気をつけましょう。

 

 

飲み屋に行ったり、風俗に行ったりしよう!~その弐~まとめ~

そうだ、夜の飲み屋に行ったり、風俗に行ったりしよう! ~飲み屋編その弐~_イメージ画像

以上、飲み屋編はこれで終了です。私が経験したのはごく一部のお店だと思いますが、大本はこういう感じではないでしょうか(高額店は除きます)。ただ、どの店に行くにも、今は色々とネットで情報を仕入れてからですね。○○見たで初回客○○円引きというものは、セクキャバ・ラウンジ・ガールズバーなどはやはり多いですから。

 

それと、先にも書きましたが、くれぐれも、のめり込み過ぎないように注意しましょう。

 

例えば情報サイトなど、こういう所は見ておきましょう。料金的に安くなるケースが多いです。

 

参考リンク(TOPページ)

ナイツネット_全国のキャバクラ情報サイト

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。当記事が何らかの参考になりましたら幸いです。

 

参考リンク(自サイト)