モンパレ攻略_異界の門Lv7_2017年5月2日スタート分

モンパレ攻略_異界の門Lv7_2017年5月2日スタート分

異界Lv7-アイキャッチ

 

レベル6までは問題なく攻略(自サイト内リンク)出来ましたが、恐らくレベル7で躓くものだと思います。まだチャレンジしていませんが、性格上、何度も挑戦できるものではありませんので、なるべくなら、一度でクリアするか、現時点ではクリアできない、という所まで感じて諦められればスッキリできそうです。そういう訳で、今の時点で出来ること考えていきます(記事作成開始時)。





 

 

 

プラチナコース強 Lv7に関して(前知識)

 

主にwikiの情報ですが、道中に○○ボディ持ちが複数、また、イオグランデやマヒャデドス持ちがいます。私のパーティーは斬撃主体ですので、個人的にはかなり面倒です。

 

ボスは4体です。○○ボディに相当する、特技を封じるボディ持ちが手強そうです。体技・踊りはこれらの影響を受けないので、後方配置・つるぎのまいで進めるのが一番いいのでしょう。現在、つるまい持ちは一体、ストックも一体あります。

 

攻略法として、イオマータを使うボスに、何とかマホトーン攻撃を当てたいところです。幸い、イオマータ持ちの、プラチナボディ(呪文封じ)は恐くないのでどんどん攻撃できます。魔人薬と通常攻撃・各種特技で優先的に狙いたいところです。

 

それを落とせれば、他の3体は、バイシを欠かさず、つるぎのまいで攻めれば、攻略は可能かも知れません。最後の問題は時間ですね。一体がどのくらいで落ちるのか、これもやってみないと分かりません。もしつるぎのまいを主体にするのなら、パレードスキルで他のボスの踊りダメージを軽減する、ゴールドティアラ(ゴールデンスライム)を倒したいところですが、間違って通常攻撃でもして、踊り封じになるときついかも知れません。

 

また、気になるのが、敵の攻撃頻度です。大型が4体ですが、時々2回行動持ちです。範囲攻撃は癖のあるものばかりですので、配置などを考えて対処したいのですが、こちらの使用モンスターも比較的大きいものばかりですので、その点は難しそうです。


 

 

現段階で考えられる準備

 

  • 「さきみだれ斬り」をムドーに伝授…ちょうどこのブログを書いている時に、BSにてさきみだれ斬りに出会いました。これまで、ムドーはシャイボ・超斬撃がメインでしたので、特技の使い分けも出来そうです。

 

  • シドー(もやもやボディ持ち)にだいぼうぎょを伝授し、現だいぼうぎょ役のジュリアンテにつるぎのまいを伝授、攻撃役に回したいところです。ただ、ジュリアンテは会心が4.5程度と低いので、その辺りがネックです。

 

 

前述した行動を行う時のデメリット

 

  • 超奥義の書を二個全用、及びだいぼうぎょ伝授は運任せ(現在、5つほど所持)になること。ためらわれますね。

 

  • シドーの「しぜん切り」、ジュリアンテの「かぶと割り」を消すのがちょっと寂しいです。ムドーはマホカンタかあやしいひとみのどちらかを消す必要があります。まあ、使いませんのでいいのですが、それなりにレア特技ですので寂しい限りです。

 

一度、敗北覚悟で突っ込んだ感想

 

結論から言うと、一回負けて(集まれを間違って押してしまい、メガザルを掴めずに全滅)、次に結構な時間を掛けてじっくり挑んだ所、何とかクリアできました。

 

小瓶の残りは6本、最後はMPが尽きたら、特技使用可能な分だけ回復していました。クリア時の残りは1分未満と、緊張感のある戦いでした。疲れました。


 

 

 

前準備・及び状況

  • ムドーには「さきみだれ斬り」を伝授しました。
  • 念の為、「少年少女歌劇団」に入隊しました(踊り封じ↑)。
  • 攻略時、ムドー攻撃力3133、MPは2450。おちょうしもの。さきみだれ斬り(体技)。
  • 攻略時、ジュリアンテ攻撃力2610、MPは1332。いっぴきおおかみ。ボス戦時はだいぼうぎょ。
  • 攻略時、シドー攻撃力2975MPは704。ちからじまん。つるぎのまい(踊り)。

 

 

 

 

 

道中、及びボス戦の状況

 

道中

 

異界Lv7-道中画像01

 

異界Lv7-道中画像02

 

きついです。画像取り忘れましたが、ホロゴーストの「イオグランデ」(ダメージ800~1200程)と、踊る宝石の「やけつく息」はきつかったです。また、プレミアムスライムのリホイミは2500回復しますので厄介です。ホワイトキングのリザオラルは999ですので、使われても特に問題はないかと思います。

 

開始と同時に魔人薬Z使用。ダメージ源は、ジュリアンテのシャイボ、ムドーのさきみだれ斬り、ミルドラースのザラキ(プレミアムももんじゃなどには結構入りました)で、他はサポート、回復です。

 

ぶきみな光はちょくちょく入りますが、そんなに成功率は高くないようです。あまい息はかなり有効ですが、踊る宝石は効かなかったように思います。

 

踊る宝石の「やけつく息」でこちらは半数近くマヒすることもありますので、出て来たらターゲッティングして、さきみだれ斬りで優先的に倒しました。範囲指定の特技は、初めて使いましたが対象が絞りやすく、使いやすい場面も多いですね。ボス戦では重宝しました。

 

 

 

 

ボス戦開始

 

異界Lv7-アイキャッチ

 

開戦時は14分ほど残っていました。アタッカーは「つるぎのまい」シドー一体と、マホトーン攻撃(通常攻撃)のムドーがメインです。マホトーン攻撃が入ったのを確認後、作戦変更して「さきみだれ斬り」を使用、すぐにまた「MP使うな」へ。それの繰り返しです。

 

今回、かなり運が良かったです。イオマータ持ちを優先的に攻撃でき、他の三体は絆創膏が一つも付かない状態でありながら、ほとんど倒せる所まで進めました。

 

ボスの攻撃はかなりしんどかったですが、幸い、全体的に特技の使用頻度は低かったように思います。全体攻撃が重なることはなかったのですが、赤色ボスの「さきみだれ斬り」・「大地の怒り」と、金色ボスの「デビルズソウル」・「ハッスルダンス」が厄介でした。

「スーパーレーザー」は500~900ほどのダメージですので、下手に摘まず耐えました。摘もうとすると「集まれ」を押して全滅に繋がる恐れがあります(怒)。

 

 

全体的に押され気味でした。壁役のジュリアンテはノックバックで都度下がって来てしまい、シドー・ムドーに攻撃が及びます。他のサポ類は一発か二発しか持ちませんので、基本、メガザル役は生き返った瞬間、すぐに次のメガザル待ち、という状況が続きます。

 

 

 

押し込まれたら…

 

異界Lv7-ボス集団へ放り込み

そこで、ボス戦(集団時)ではあまり役に立たない、ミルドラース・ネルゲルをボス達の背後に投げます。これが敵の特技対象になればそれも良し、そうでなくとも、全体的に敵がバックしていきます。

この隙にジュリアンテの位置を変え、陣形を整えます。敵は背後の敵を優先的に狙いますが、後ろ向きに攻撃することはできず、ゆっくりと回り込む必要があります。その分、時間的にやや余裕ができ、メガザルがしやすくなりました。

 

基本、その生贄に近いモンスターは掴んだり、離したりと忙しく、メガザルによる回復の恩恵を得られないことも多々あり、ちょっと目を離したら倒れます。

そういう時はもう一体をすぐに用意し、生き返った後、余裕を見て一体を左側に投げる。それの繰り返しです。

 

 

注意点としては、敵の密集した中でも、自分のモンスターを優先して摘むことができるのですが、ちょっと離れた位置のボスをクリックしてしまうと、ターゲットが変更されてしまいます。

密集した中で、任意の相手にターゲットを合わせるのは難しく、自身のモンスターを掴んでしまうことが多いです。ターゲッティングはとても大事な作戦ですので、なるべくミスを減らす、これが一番の対処になるかと思います。

 

 

 

MPと時間との戦い

 

異界Lv7-後半戦

アタッカーも何度か倒れてしまいましたので、安定したタイミングを見て、数度、魔人薬を使っています。会心率はアタッカー2体とも25止まりですが、十分だと思いました。

 

後半、MPが尽きて時間が気になり始めると、シドーの通常攻撃が目に付くようになります。適当に付けておいた「しぜん斬り」をONにしても、斬撃封じに掛かっており、通常攻撃を繰り返すということがありました。この時はボスも残り二体でしたので、ムドーを「ガンガン行こうぜ」に戻しています。「さきみだれ斬り」はMPを60使いますが、一体ずつ倒していきたかったので、以降もこちらを使いました。

 

 

ラスト一体

 

異界Lv7-MPとの戦い

 

最後の一体(これがイオ・メラ・デイン無効(>_<))になると、時間もMPもギリギリです。ミルドラースのデバフ攻撃を頼みに、壁のジュリアンテを通常攻撃に戻しました。ムドーは超斬撃に切り替え、バイシオンが二度掛かった時のみ、特技を使用します。マホルアップの余地もありましたが、最悪、通常攻撃で叩けると思いましたので、そのままやり過ごしました。

 

何とかクリアして、「銅のふくびき券」を貰ってフィニッシュです。以上、文字数からお察しの通り、かなりの達成感と疲労感があります。


 

 

まとめと感想

 

そういえば、最後にクリア画像のSS取ったんですが、保存するのを忘れていました…。確か、残り55秒とかです。長期戦の疲れかも知れません><  後日、ふくびき報告を、当記事にて追加アップさせて頂きます。

 

サポでもいいから、マインド系の特性があれば、かなり楽になるステージではないでしょうか。ギロラブは時に外される特性となっているようですが、こういうことがあると下手に外せなくなりますね。

ただ、今回、私もマホトーン攻撃がいなければ攻略は不可能でしたし、単純なステータス値だけではなく、異界においては、特性が大事であることを再認識することができました。

 

8に挑戦出来るのはいつになるでしょうか。今回は無理そうですので、チャレンジもせず終わろうかと思います。以上、お読み頂いてありがとうございました。

 

 

追記

ふくびきですが、かなり満足のいく結果となりました。ライト→通常の順で引いたのですが、はじめ、ライトの方で特等が出た時は、これが異界なら、と思ったものです。配合していたところ、バラモスブロスにビリビリボディが来ましたので、だいぼうぎょ役にしてみようかと思います。ついでに、ブロスを主軸にBSメンバー、大きく変えることにします。

モンパレ…異界のふくびきライト20170508
モンパレ…異界のふくびきライト20170508

 

モンパレ…異界のふくびき20170508

 

 

スポンサーリンク