出会い漫画喫茶池袋マンキ~金ドブ案件の考察~_イメージ画像

出会い漫画喫茶池袋マンキ~金ドブ案件の考察~

※当記事はアダルト内容を含みます。

さて、サブタイトルでほぼ結論は出ていますが、今回の調査は池袋マンキであります。

 

これは池袋のとある一日に関する結果報告ですので、マンキ全体に関する調査ではありません。大阪の方ではもっと普通に使えたり、また、池袋でも日によってはマシな一日もあるのかも知れませんので、そこはご了承下さい。

 

 

出会い喫茶マンキ(MANKI)とは

画像転載元「pixabay」様

 

店名からは漫画喫茶で出会える、というようなニュアンスを受けますね。もちろん、そんなオシャレなシステムではありません。エレベーターから降りた入口の正面に受付があり、左手に十五畳程(適当)の男性待機ブースがあります。

 

漫画は暇つぶし程度に読んどけ、というくらいの薄い量しかありません。

 

席は八席くらいでしょうか。それぞれPCがあります(ない席もありますが)。で、もちろんですがクソみたいに古いPCです。ネットに繋がっているかは分かりません。

 

このPCで女性ブースに仕掛けられた監視カメラをチェックするようなイメージです。なお、このカメラは全PC上で同じ画面を映しますので、誰かが映像いじれば、それに引きずられます。

 

ただ、このカメラを使っても女性の顔は見えません。顔が見たいのなら女性ブースに立ち入って、女性の前に貼られているミラー越しにチェックする、という感じにあります。不審者ごっこです。

 

女性用ブースは受付の右側にあります。イメージ的には受付を挟んで男女のスペースが左右対称にある感じですね。ただ、女性用ブースにはトイレとお話スペースがありますので、ちょっと狭いです。

 

つまり、男性が誰かと話をする場合、その空間にいる男女に筒抜けとなる感じです。最悪ですね、もうちょっと考慮しろよ、という点は置いておいて、まあ、最初に結論を書いてますし、最後にもまた書きますけど、とにかく最悪なシステム頻りです。

 

あ、あと男女共にドリンクは「有料」です。繰り返します、女性も「有料」です。いや、もうこれ、女性来ないで下さいみたいな公言ですね。

 

 

実際の利用状況

これはキラリもそうですが、男性はとりあえず底辺層が集まります。風俗はどこもそんな感じですね(元風俗店員より)。半分以上は男から見ても知り合いになることが不名誉、みたいな人ばかりです。単に気持ち悪い奴、変に警戒心が強いガリ、ずっと麻雀(?)ゲームばっかやってる中年。ひたすらカチカチカチカチ、クリック音うるせー。

 

男女スペース共に喫煙可能です。最近はちょこちょこ禁煙のピンサロとかは増えていますが、まあこういう所はもちろん遅れていますね。つまるところ、男女共に前時代的な人間たちで成り立っているということです。

 

女性の入店はかなり少ないです。男女で5:1くらいでしょうか。で、質も最悪ですからどうしようもない。そして、基本、店側が小遣い払って外出するんですよ、ということを張り紙で公言しています(トイレ内、話し合いブース内)。

 

ですので、無料だったり格安外出は無理でしょう。運が良ければ、アクアクラブや、上野モモカフェ(閉店したのかな?)では2000円~3000円とかでヘルスプレイしてくれる若い子もいる中(体験済み)、そういうロマンを掻き消す悪役っぷり!

 

参考リンク(自サイト)

出会いカフェ、アクアクラブに関する考察

 

馬鹿じゃねえの、それじゃ5000円以下の可能性は全て切り捨てられるじゃん、という、まあ繰り返しますが訳が分からない店です。

 

そしてその結果、どうなっているのか……。、40代くらいの顔面工事おばさんが、外出はこちらに書いてあります通り、5000円~のお小遣いでお願いしています。とか張り紙を指さしながら言って来る訳です。

 

いや、逆にそれ、貰っても外出とかこっちがお断りだから……みたいなのが、えっとその時は十割方でした。デブスの金クレを後押ししてしまう訳ですね。

 

 

アクアクラブ考察補足

リンク先のアクアクラブの記事ですが、終わり悪ければ……みたいな感じで、ちょっと貶して書いてます。でも、色々な風変わりな風俗を見て来た結果として、こちらで改めて記載しますが、実は良かったです。

 

他の方々が楽しそうに会話している中、声を押し殺して受け攻めを続けるのは、やはり一種の快感、新感覚がありますね。こんな所に行くのなら、あちらのリピーターになって下さい。

 

 

出会い喫茶マンキ池袋店のシステム(料金)

入店自体は2000円です。ただこの料金ですとトークは出来ません。タバコ、あんまり関わり合いになりたくない男たちと一緒の空間で、申し訳程度の漫画(ネカフェの1/10以下)が読めるだけです。

 

で、追加して3000円受付で払うと初めてトークが出来るようになります。合わせて女性側からのトークの申し込みも可能になります。逆ナン状態ですね。

 

ただ、逆ナンというか、女性陣は男性を一目とも見ることはなく、トークの申し込みをして来ます。

 

はい、まともな出会いとかそんなん一切ないです、ただの割り切りの場所です、それ以上でも以下でもありません。普通の出会いはアプリに流れます。だってここ、売春目的の男しかいない店なんですよ?

 

そして、男性で+3000円支払っているのは、恐らく数十人に一人でしょう。ほとんどが地蔵(トークも申し込まず、漫画読んだりスマホいじったりする人たち)です。いや、あなたたち何しに来てるの、っていう感じですが、最低ランクの女性しかいないのならそうなりますよね、っていう風に見ると、妙に納得してしまいます。

 

でも、それならキラリを回って女性を見て回る方が面白いとも思うんですけどね。ここに居ても女性とかほとんど来ないですし、同じ料金で都内店、全て見て回れるキラリの方が絶対いいです。そのシステムは素晴らしいと思います。

 

参考リンク(当サイト内記事)

とある日の出会い喫茶キラリの調査報告

 

とはいえ、男性に限って言えば、キラリもキラリでほぼ九割以上が地蔵です。リンク先の記事でも書きましたが、数十人の男たちが、マジックミラー先の女性に対して、何一つ興味も示さず、好き勝手スマホ見たり談笑し合っている様子は、何か神々しいものがあります。

 

 

出会い漫画喫茶池袋マンキ~金ドブ案件の考察~~まとめ~

何を目的とするかは人によって様々です。ただ、過程を求めるのであれば、出会い系に関してはテレクラやアクアクラブの方が数倍ワクワク感があります。

 

そういう意味でここ池袋マンキは、はるか最下段に位置する楽しさでした。ツッコミ甲斐は色々とあります、つまり店がボケているんですね、ツッコミ待ちなんでしょう。

 

どういう所か行ってみたいという興味がある方、まあ無難に辞めておきましょう。池袋ならアクアクラブの方が絶対オススメです。こんな所に行くくらいなら、普通にネカフェで無料のドリンク飲んで漫画読むか、それかテレクラでエロ本読みながら電話待って、何もなければそっと自己処理して帰りましょう。

 

当サイト内リンク

 

実を言うと、テレクラは面白いには面白いです。エロDVD見ながら、ちょっとエロい会話を素人(軍人は避けて)のような方とお話しするのも、一種の新鮮な刺激ではあります。お話だけの方もいますし、三時間四千円弱とかですし、何か刺激を求められているのならお勧めです。運が良ければタダでも行けるというロマン(ホテル代は掛かります)満載です。

 

えっと、なんだっけ、こんな店名とかどうでもいいや、以上、稀に見る最悪な体験レポでした。最後までお読みいただきありがとうございます。当記事が何らかの参考になりましたら幸いです。